« 和shoku。の水 (和食) 経堂 | トップページ | 石はら (蕎麦) 世田谷 »

bar-closed (バー) 野沢

 もう数年前、環七と246が交差する上馬交差点の側道に偶然バーを見つけた。CUE BARと言う店で、環七を走る自動車のヘッドライトがなかなか情緒があって、雰囲気の良い店だった。場所が場所だけに、お客も少なく、レストランで食べた後、タクシーを飛ばして食後酒だけ飲みに行ったりした。

 好きな店だったのに、ある日電話がつながらなくなってしまった。閉店だ。
closed01

 ところが、この店居ぬきで買われて、また同じように営業しているという。それも経営者は、タレントの松尾貴史さんや、落語家の春風亭昇太さんなどなんと9人で、月代わりに交代しているらしい。
 久しぶりで行ってみたが、DVDを流す大きなモニターが増えた以外は、CUE BAR時代とあまり変わらず、落ち着いた雰囲気のままだった。

 特記すべきメニューが、糸力カレー。
 「糸力」は、富士吉田市の居酒屋だが、ここで出されるカレーが絶品。居酒屋にもかかわらず、県外からも大勢食べに来るほどのカレーである。糸井重里さんも、釣りの帰りに店に寄ってとりこになり、「私の考える世界一美味しいカレーを食わせる店を発見」と絶賛している。
 その手作りされたカレーを冷凍し、直接送ってもらって、お店で提供しているというすぐれものである。

 実は、通販生活の企画で糸力カレーのレトルトが販売されているので、てっきりそのレトルトを提供していると思って、以前そう書いてしまったら、松尾貴史さんからレトルトではありませんとご指摘のコメントを頂いた。
申し訳ありませんでした。m(__)m
 この店の糸力カレーは、レトルトではなく、富士吉田の糸力からの直送なのであります。これだけでもすごい。


 交通の便は極めて悪いが、それがまた隠れ家的な店となっている理由でもある。1階の看板の横の細い階段を上ると、大人の世界が待っている。


野沢2-34-1 2F  3424-9690  20:00~3:00
生ビール600円、マティーニ1300円、糸力カリー(キーマ・インド・ココナッツ)各800円


2007/05/19加筆

|

« 和shoku。の水 (和食) 経堂 | トップページ | 石はら (蕎麦) 世田谷 »

コメント

松尾貴史さん、ご投稿ありがとうございます。本物の松尾さんですよね。ビックリです。

また、本物の糸力カレーをレトルト扱いして申し訳ありませんでした。まさか、本物が冷凍されてきているとは・・・・ これもビックリです。
すぐに記事を書き換えます。

世田谷の隠れ家のような素晴らしいお店を今後も続けてください。

投稿: kuri | 2007.05.19 17:36

ご紹介ありがとうございます。
是非、またお越し下さい。

ひとつ、訂正を。
糸力カリーは、レトルトを使っているのではないのです。
糸力さんもレトルトをライセンスで出されているようですが、
うちのものは糸力のおやじさんの手作りを冷凍して送ってもらっているものなんです。レトルトとは相当味が違うという話をおやじさんから聞いています。

投稿: 松尾貴史 | 2007.05.19 12:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38172/4991784

この記事へのトラックバック一覧です: bar-closed (バー) 野沢:

« 和shoku。の水 (和食) 経堂 | トップページ | 石はら (蕎麦) 世田谷 »