« 寿恵川 (鰻) 経堂 | トップページ | 桜一 (ちゃんこ) 下馬 »

じゃじゃおいけん (盛岡じゃじゃ麺) 上馬

Jyajyamen01 蕎麦屋「東風」の帰り、すぐ近くに変な店を見つけた。店には、元祖盛岡じゃじゃ麺専門店じゃじゃおいけん、という看板が出ている。間口が狭く、なんとも怪しい店だった。強烈なインパクトで惹かれたが、その日は満腹なので店には入らなかった。

 後でWebで調べると、盛岡じゃじゃ麺は地元ではメジャーな食べ物で、ファンクラブのサイトも見つけた。食べ方のルールもあるらしい。これは、食べてみないと始まらない。ということで、早速土曜の昼に出かけた。

 店は、カウンターのみの8席。店主は、カッコイイお兄ちゃんだ。モデル出身の及川憲司さんのお店なので「おいけん」と言うらしい。一人で切り盛りして大変忙しいが、食べ方を優しく説明してくれるから、初めて行っても心配ない。

 メニューは、じゃじゃ麺のみで、量を選択する。小盛り500円(2/3人前)、中盛り600円(1人前)、大盛り700円(1.3人前)、特盛り820円(2人前)、トリプル1,200円(3人前)となる。

Jyajyamen02 熱々の平たいうどん系の麺に、キュウリ、しょうが、刻みネギと特製の肉味噌がのっていて、これをかき混ぜて食べる。ただし、カウンターには、ラー油、酢、塩、胡椒、炒めニンニクが置いてあり、自分で混ぜながら、いろいろ入れて味を決める。私は、ラー油を多めに、胡椒とニンニクでアクセントをつけ、隠し味に酢を入れた。肉味噌とあいまって、いい感じの味になった。
 しかしこれを食べて終わりではない。正当な盛岡じゃじゃ麺の食べ方は、最後に少し麺を残し、生卵を割ってかき混ぜ、店主にどんぶりを渡すと、煮汁を入れてくれる。これに、やはり自分で肉味噌や塩で味付けし、卵スープ麺のようにしてもう一度楽しむ。1食で2度おいしい。
 これをチータンタンといって、80円追加となる。

 来店した、土曜の昼間は満席で、行列ができていた。盛岡出身の人はもとより、東京の人も癖になる味である。

上馬1-33-11 3418-5831 地図 
11:30-14:30 17:30-23:00  火曜定休


|

« 寿恵川 (鰻) 経堂 | トップページ | 桜一 (ちゃんこ) 下馬 »

コメント

こんにちは

じゃじゃおいけんは三度おいしいですよ
酢を入れる、入れないでグッと味に違いがでます(^-^)

投稿: てまり | 2008.05.23 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38172/15685908

この記事へのトラックバック一覧です: じゃじゃおいけん (盛岡じゃじゃ麺) 上馬:

« 寿恵川 (鰻) 経堂 | トップページ | 桜一 (ちゃんこ) 下馬 »