« 2007年10月 | トップページ | 2009年11月 »

OGINO  (フレンチ) 池尻

<2009/10/11 加筆>

2009年10月10日より、新店舗に移転した。
 場所は、池尻大橋南口より国道246を三軒茶屋方面へ150m行って、古畑病院の角を左折、サンクスの角を右折したところ。前の店とは、246を挟んで反対側になる。この通りは、旧大山道と言って昔からある旧道だが、現在魅力的な飲食店がたくさんある通りになっている。素晴らしい店がまた一つ加わった。

 以前の場所とは、全然違う場所なので、勇んで行ったら店がなかったと言うことが無いように!
 なお、電話番号は、変更なし。

5481-1333  池尻2丁目20-9  地図  月曜日定休

 予約が取れないレストランの代名詞になってしまったOGINOである。土日を選ぶと2ヶ月先という話も聞く。早く食べたいお客は、空いている日を聞いて自分の予定をあわせるようだ。ひとえに、シェフとマダムそしてスタッフが、お客に満足して欲しい料理を出し続けた結果である。新店舗になっても、この気持ちを持ち続けて欲しい。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


 三宿・池尻地区のレストランが、今、すごい。料理が好きで、真摯に腕を磨いた若きシェフ達が、満を持して店を競って出している。渋谷から一駅という立地が、いいのかもしれない。今回紹介する、OGINOは、その中でもずば抜けて素晴らしいレストランだ。

 場所は、田園都市線池尻大橋駅を出て、246をすぐに曲がって住宅街の中をテクテク歩き、4,5分ぐらい。あたりには店は無く、まったくの住宅街のど真ん中である。この池尻のまったくの住宅街に、連日フレンチ好きが、あっちこっちから食べに来る。だから、いつも満席である。

 料理は、しっかりしたクラッシック系統。しかし、けして重くは無く、軽やかで繊細だ。「オマール海老、ホタテ貝、夏野菜のカネロニ仕立てガスパチョソース」 と「仔鳩とフォアグラのパイ包み焼き赤ワインソース」をアラカルトでチョイスして食べたが、 バランスの良さ、食材の味の引き出させ方、火の通しそして提供温度などみな完璧で、大満足であった。
 場所や店構えからは想像しなかった、完璧な、とても高いレベルのフレンチである。この世田谷の住宅街に、良くぞ開いてくれたと、感謝感謝である。

 コースは、2,500円と4,000円。ディナーは、4,500円と6,500円。何れも手の込んだ、素晴らしい料理が並ぶ。アラカルトも、1,000円~3,000円の範囲で、信じられないお値打ちである。
 アラカルトを見たら魅力的なメニューで悩んで注文まで相当時間がかかってしまった。次は、素直にコースを注文しよう(笑)。

 席は、20席。多くないこの席が、今奪い合いになっている。

Ogino02

*写真は、OGINOのHPから


池尻3-5-22 グレイスマンション1F  5481-1333 月曜日定休 地図
 ランチ(土・日・祝日のみ) 11:30~13:30 Lo
 ディナー(火~土) 17:30~23:30 Lo ディナー(日・祝日) 17:30~21:30 Lo

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2009年11月 »