« 2008年8月 | トップページ | 2011年6月 »

ショコラティエ ミキ (チョコレート) 烏山

003 甘いものは大好きだが、とりわけチョコレートは大好物である。昔良く通ったフレンチレストランで、素晴らしい食事が終わり、デザートの後に出されるエスプレッソにボンボンショコラが添えられていた。満腹でもう何も入らないという状態でも、そのボンボンショコラは口の中でトロリと溶け、忘れられないおいしさだった。味だけでなく、鼻腔をめぐるカカオの香りが、心地よい安堵感に誘ってくれた。

 最近は、ゴディバなど海外の有名チョコレート店がデパートに入り、ジャン・ポールエヴァンやピエール・エルメ等のこだわりのショコラ・ブティックが青山や六本木に店を出すようになった。パリから空輸された最高級のチョコレートを食べだしてしまうと、今まで食べていたチョコレートとは明らかに違う食べ物だと気づくことになる。これはある意味悲劇の始まりかも知れない。

002 美味しくて、繊細で、完成度が高く、値段も適正で、そして真面目にショコラを作っていると言う女性シェフの店が、烏山に出来たと聞いて、すぐに買いに行った。
 京王線千歳烏山駅の北側の旧甲州街道から少し入った場所で、古いマンションの1階奥に小さな小さな店を出している。何人か入れば一杯になってしまう店だが、本当に素晴らしいボンボンショコラを一つひとつ手作りで作っている。
最高のボンボンショコラを作るのは、材料へのこだわりが必要だ。店のHPによれば、「ショコラティエ・ミキのチョコレートは、全てフランス産の最良質のクーベルチュールを使用しています。その理由の第一は、カカオ本来の豊潤な香りと味わいを大切にしたいからです。第二は、この中には、カカオバター以外の植物油脂は、一切入っていない為、繊細な口溶けが楽しめるからです。使用しているクーベールチュールの原料となるカカオ豆の産地は、主にベネズエラ・エクアドル・トリニダット島・ガーナ・インドネシアなどです。ショコラティエ・ミキでは、これらの産地ごとに特色あるショコラを更にオリジナルな技術でブレンドし、ひと口のボンボンショコラに仕上げていきます」とある。材料へのこだわりは半端ではない。

 最近マスコミに取り上げられることが多く、テレビ放送などもあったためか、お客が殺到して若干混乱状態のようだ。先日も土曜日の開店直前は5~6人の行列が出来ていた。しかし真面目な仕事を続けていれば、混乱も収まり、お店も安定すると思う。
 この素晴らしい店から、宮原美樹シェフが今後も素晴らしいショコラを作り続けてくれることを期待する。

Tel 3300-1277 南烏山4-9-11第2アベニューハウス001号  地図
平日11:00~19:00 土曜日12:00~17:00 日曜日・祝日定休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三輪亭 (イタリアン) 豪徳寺

 豪徳寺に、素晴らしい北イタリア料理の店ができた。豪徳寺の住宅街の中に、こんな良質な店があるのが驚きだが、提供されるのがcucina tirolese(チロル風料理)と言うのは、もっと驚きだ。チロルは日本人ならチロルチョコレートをすぐ想像するけれど、北チロルはオーストリアで南チロルはイタリアになる。ここは、南チロルの郷土料理を中心に提供してくれる。こんな素晴らしい店が世田谷にあるのだから、本当に嬉しくなってしまう。

Miwa4
 店は、豪徳寺から5分の梅丘に抜ける道沿いにある。完全な住宅街だ。大き目のドアを開いて入ると整然と左右6脚ずつのテーブルが置かれ24席あり、突き当たりが厨房になる。床のタイルや木の壁の色が落ち着いていて、入ったすぐに気持ちが休まる。こういった配慮が嬉しい。

Miwa夜のメニューは、2500円から6000円まで何種類かあるが、最もこの店らしい特選ディナーコース4500円を食べた。ちょっとしたアミューズグールが出た後、ハムなどのチロル料理を何種も盛った木の皿がでた。これは楽しい。軽い白ワインと合わせたが、一口のずつの前菜は、とても楽しめた。続いて、温かいスープ仕立てのテリーヌが出た。このような温かいテリーヌは始めて食べたが、大変おいしい。続いて高いレベルの自家製タリアテッレが出てから、メインのアイスバインとチロルのソーセージと野菜の煮込み料理が出た。ちょうどポトフのような料理で、急にMiwa3冷え込んだこの日には、うってつけの料理だった。
 このコースは温前菜、パスタ、メインをたくさんの料理から自由に選べるので大変楽しい。嬉しくてメニューをいつまでも眺めていたら、長いと同行者からクレームが付いてしまった。しかしすぐには決められないほど料理の選択肢は多いのである。

 コースの料理だけでなく、突き出しで出る豚のリエットとチロルのパンも素晴らしい。旨すぎて、ワインを飲みながら、止まらなくなってしまった。食後のチーズも良い状態だ。特にチロルのチーズを置いているので、めったに食べられないチーズもたくさんあるようだ。熟成の具合が完璧だった。食後酒なども豊富で、オーナーシェフの志しの高さがメニューに溢れていた。

豪徳寺1-13-15 03-3428-0522 地図
Lunch 11:30-14:00 (L.O.) Tea time 14:00-15:30 (L.O.) Dinner 18:00-21:00 (L.O.)
定休日第一火曜日と水曜日(但し祝日の場合は他の日に振替)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2011年6月 »