« ショコラティエ ミキ (チョコレート) 烏山 | トップページ | 四川料理 荒木 (中華) 奥沢 »

オーボナクイユ Au Bon Accueil (フレンチ)駒沢

Img_1823田園都市線の駒沢大学は、駒沢大学と駒沢公園に用がある人たちが乗り降りする駅だが、おしゃれなレストランやカフェも多く、隠れレストラン地域だと思う。但しそれは246から東側の大学や公園がある方で、西側はごく普通の住宅街である。
その西側にある駒沢病院の裏手の路地に、間口の狭い一軒のフレンチレストランがある(お店の写真は、店のHPより転載)。そこがオーボナクイユだ。店はまさしくウナギの寝床で、壁沿いのベンチシートに沿って、18席のテーブルが一列にある。ロケーションが良いとはいえないこのレストランが、至福の料理を提供してくれるすばらしい店だと知っている人は、まだ多くはない。
 青山学院の向かいのラ・ポルト青山に、史上最年少で三つ星をとったアラン・デュカスが開いたビストロ、ブノアがある。ここは上質の料理を比較的安価で提供してくれるうえ、コースはアラカルトメニューから好きな物を選べるというとてもお客本意のレストランのため、以前はよく通った。実は、オーボナクイユの田中シェフは、ブノア出身で、料理やメニュー構成もブノアで食べたすばらしい料理を思い出させてくれる物で、大変気に入っている。


Abc1ランチは、オードブル+スープ+メイン+デザートで2600円、ディナーは、オードブル+メイン+デザートで4600円である。オードブルもメインもブノアと同じように、アラカルトメニューから好きな料理を選べる(料理によって差額料金があるものは金額の表示がある)。
 ある晩頂いた、三浦野菜のミジョテとリードボーのムニエルは、バランスよく構成されていて、とても印象に残る料理だった。誤解を恐れずに言ってしまうと、駒沢の路地の住宅街の一角で、この料理を食べられる事が信じられなかった。

Abc2店は、とても小さいが、その分シェフの目が行き届き、納得の料理を提供してもらえる。サービスの女性スタッフは、まだ発展途上であるが、この店の成長とともに育って行くと思う。とにかくこの店に行かないのは、食いしん坊としては、大損である。

駒沢2-5-14 Kハウス駒沢B1 6661-3220
11:30-14:00 LO 18:00-21:30 LO
定休日 火曜日、第3火曜日


|

« ショコラティエ ミキ (チョコレート) 烏山 | トップページ | 四川料理 荒木 (中華) 奥沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38172/51893456

この記事へのトラックバック一覧です: オーボナクイユ Au Bon Accueil (フレンチ)駒沢:

« ショコラティエ ミキ (チョコレート) 烏山 | トップページ | 四川料理 荒木 (中華) 奥沢 »