« 2009年11月 | トップページ | 2011年7月 »

四川料理 荒木 (中華) 奥沢

Araki01世田谷、大田、目黒区内の東急線の複雑さには、いつもついて行けない。先日も、多摩川駅から自由が丘に出ようと上り電車に乗ったら、気づけば大岡山だったし、都立大学駅改札で待ち合わせをしていたら、相手は隣の学芸大学駅の改札で待っていたりで、不思議なこの路線には、都市伝説がいくつもある。
 今回紹介するのは奥沢の話だが、ここで一つ質問。奥沢駅は、東横線でしょうか?大井町線でしょうか?
答えは、・・・目黒線でした。ほら、ひっかかった・・・・ 失礼 (_ _ )/ハンセイ

Araki02奥沢は、自由が丘に隠れてノーマークの人が多いが、老舗の味がある飲食店が、奥沢銀座商店街や自由通りには結構ある。もっとはっきり言えば、ひと癖ある店、個性の強い店がひしめいている。四川料理荒木もそんなお店だ。外観は中華料理やとは見えないが、中に入り、カウンターの前を抜けて、低くなった鴨居をくぐり奥の部屋に入ると、とてもシックなお店だと気づく。箸置きや取り皿まできちんと計算している。

 料理は、シェラトン都のレストラン「四川」の流れを組む味で、繊細だがメリハリがきき、百菜百味(百種類の料理に百種類の味がある)といわれる四川料理の楽しさを十分味わえるメニューとなっている。お値打ちなのは、3700円のコース。三種の前菜から始まって、アスパラとエビの炒め物、野菜と鶏肉の山椒唐辛子炒めのあと、点心が二種、そして酢豚、麻婆豆腐、担々麺と続き、最後に杏仁豆腐が出てくる。泣けてくる程嬉しいのが、麻婆豆腐に半ライス(白飯)がついてくること。麻婆豆腐掛けご飯ってどうしてあんなにうまいんでしょうか。

Araki03もちろん値段を抑えたアラカルトも狙い目。エビや、イカをなど海鮮類の絶妙の火の通しの料理を食べさせてもらうと、次はいつ来ようかと、紹興酒を飲みながら連れと次回の来店の相談に入ることになる。

奥沢4-15-15 3748-1041
17:00-24:00 水曜定休


| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーボナクイユ Au Bon Accueil (フレンチ)駒沢

Img_1823田園都市線の駒沢大学は、駒沢大学と駒沢公園に用がある人たちが乗り降りする駅だが、おしゃれなレストランやカフェも多く、隠れレストラン地域だと思う。但しそれは246から東側の大学や公園がある方で、西側はごく普通の住宅街である。
その西側にある駒沢病院の裏手の路地に、間口の狭い一軒のフレンチレストランがある(お店の写真は、店のHPより転載)。そこがオーボナクイユだ。店はまさしくウナギの寝床で、壁沿いのベンチシートに沿って、18席のテーブルが一列にある。ロケーションが良いとはいえないこのレストランが、至福の料理を提供してくれるすばらしい店だと知っている人は、まだ多くはない。
 青山学院の向かいのラ・ポルト青山に、史上最年少で三つ星をとったアラン・デュカスが開いたビストロ、ブノアがある。ここは上質の料理を比較的安価で提供してくれるうえ、コースはアラカルトメニューから好きな物を選べるというとてもお客本意のレストランのため、以前はよく通った。実は、オーボナクイユの田中シェフは、ブノア出身で、料理やメニュー構成もブノアで食べたすばらしい料理を思い出させてくれる物で、大変気に入っている。


Abc1ランチは、オードブル+スープ+メイン+デザートで2600円、ディナーは、オードブル+メイン+デザートで4600円である。オードブルもメインもブノアと同じように、アラカルトメニューから好きな料理を選べる(料理によって差額料金があるものは金額の表示がある)。
 ある晩頂いた、三浦野菜のミジョテとリードボーのムニエルは、バランスよく構成されていて、とても印象に残る料理だった。誤解を恐れずに言ってしまうと、駒沢の路地の住宅街の一角で、この料理を食べられる事が信じられなかった。

Abc2店は、とても小さいが、その分シェフの目が行き届き、納得の料理を提供してもらえる。サービスの女性スタッフは、まだ発展途上であるが、この店の成長とともに育って行くと思う。とにかくこの店に行かないのは、食いしん坊としては、大損である。

駒沢2-5-14 Kハウス駒沢B1 6661-3220
11:30-14:00 LO 18:00-21:30 LO
定休日 火曜日、第3火曜日


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2011年7月 »