« オーボナクイユ Au Bon Accueil (フレンチ)駒沢 | トップページ | あきの (日本料理) 経堂 »

四川料理 荒木 (中華) 奥沢

Araki01世田谷、大田、目黒区内の東急線の複雑さには、いつもついて行けない。先日も、多摩川駅から自由が丘に出ようと上り電車に乗ったら、気づけば大岡山だったし、都立大学駅改札で待ち合わせをしていたら、相手は隣の学芸大学駅の改札で待っていたりで、不思議なこの路線には、都市伝説がいくつもある。
 今回紹介するのは奥沢の話だが、ここで一つ質問。奥沢駅は、東横線でしょうか?大井町線でしょうか?
答えは、・・・目黒線でした。ほら、ひっかかった・・・・ 失礼 (_ _ )/ハンセイ

Araki02奥沢は、自由が丘に隠れてノーマークの人が多いが、老舗の味がある飲食店が、奥沢銀座商店街や自由通りには結構ある。もっとはっきり言えば、ひと癖ある店、個性の強い店がひしめいている。四川料理荒木もそんなお店だ。外観は中華料理やとは見えないが、中に入り、カウンターの前を抜けて、低くなった鴨居をくぐり奥の部屋に入ると、とてもシックなお店だと気づく。箸置きや取り皿まできちんと計算している。

 料理は、シェラトン都のレストラン「四川」の流れを組む味で、繊細だがメリハリがきき、百菜百味(百種類の料理に百種類の味がある)といわれる四川料理の楽しさを十分味わえるメニューとなっている。お値打ちなのは、3700円のコース。三種の前菜から始まって、アスパラとエビの炒め物、野菜と鶏肉の山椒唐辛子炒めのあと、点心が二種、そして酢豚、麻婆豆腐、担々麺と続き、最後に杏仁豆腐が出てくる。泣けてくる程嬉しいのが、麻婆豆腐に半ライス(白飯)がついてくること。麻婆豆腐掛けご飯ってどうしてあんなにうまいんでしょうか。

Araki03もちろん値段を抑えたアラカルトも狙い目。エビや、イカをなど海鮮類の絶妙の火の通しの料理を食べさせてもらうと、次はいつ来ようかと、紹興酒を飲みながら連れと次回の来店の相談に入ることになる。

奥沢4-15-15 3748-1041
17:00-24:00 水曜定休


|

« オーボナクイユ Au Bon Accueil (フレンチ)駒沢 | トップページ | あきの (日本料理) 経堂 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38172/51929104

この記事へのトラックバック一覧です: 四川料理 荒木 (中華) 奥沢:

« オーボナクイユ Au Bon Accueil (フレンチ)駒沢 | トップページ | あきの (日本料理) 経堂 »