« 喜邑 (寿司) 玉川 | トップページ | すしひふみ (寿司) 太子堂 »

イブローニュ (フレンチ) 代田

イブローニュが代田に移転したので、行ってみた。
あの常時満席のお店を辞めて、代田の住宅街の一角に店を移したのだから、普通じゃない。
新店舗は、花見堂小学校のそばで、マンションの1階、以前の店よりも小ぶりで、テーブル席とカウンター席合わせても20席ほどである。その店を、シェフとホールの女性一人で回している。

料理は、お肉のガッツリ系で、ワインを飲みながらシェアして食べるスタイルは変わらない。
メニューは、名刺台帳に名刺大の紙をいれるなど、食材以外に経費をかけない素晴らしさで、おかげでワインも料理もとてもお値打ち。ポーションも大きく、並の店のつもりで注文すると、食べきれない。

土曜日の夜行ったが、瞬く間に満席になって、シェフ一人でフルパワーで、しかし楽しそうに料理していた。大事にしたいレストランである。

世田谷区代田1-3-12-102 地図 03-6805-5951
水曜定休 18:00-25:00

写真は、店のFBから
Ivrugne


2013/05/11
------------------------------------------------------------------------------------------
ivrogne10
 取って置きのブラッスリーを見つけた。池尻の裏通りにある気楽なレストランだが、私はこういう店を長年求めていたのではないかと思った。素晴らしいレストランである。

 東急田園都市線池尻大橋駅から国道246号を大山道に入り徒歩数分、「こんなところに?」という場所に、ブラッスリー イブローニュがある。大山道というのは、赤坂の御門から大山の阿夫利神社を結ぶ古道であり、かつて大山詣で大変にぎわった道である。今も、池尻から上町ボロ市通りを通り抜け二子の渡しまで、途切れ途切れであるが、その面影を残している。冒頭で「裏通りにある・・」と記したが、実は、並みの裏通りではないのである。

ivrogne12
 ブラッスリーは、ビヤホールなどを意味し、軽い食事やお酒がのめるフランスの庶民的なレストランのことである。その名のとおりイブローニュは、豪華なレストランではない。メニューの種類もそれほど多くはないし、伝統的な家庭料理を気楽に楽しんで食べてもらうお店である。だから信じられないほど安い。食器類も当たり前のものだが、料理はレベルが高く、心躍る楽しくなる皿ばかりである。

ivrogne13


 たとえば田舎風テリーヌ600円、チーズオムレツ500円、ムール貝の白ワイン蒸し900円、和牛ホオ肉の赤ワイン煮1600円、フランス産鴨のコンフィ1700円、デザート400円(クレームブリュレ、ガトーショコラ等)。それぞれが量もしっかりあり、本当にうれし泣きしたくなる値段である。
 またフランス語で酔っ払いを意味するイブローニュだけあって、ワインも2000円台から充実で、酒飲みにもこたえられない。もちろんビールもある。

 4人掛けテーブルが5つとカウンター席で計26席。池尻大橋にどこから集まるのか、遅くなるにしたがって客が増える。ラストオーダーは深夜零時。

ivrogne14
 店の外の黒板に白墨で美味しそうなメニューがびっしり書きもまれている。真っ暗な道に面した全面ガラスから、暖かな光とお客の笑顔が漏れてくる。

池尻2-27-7 3419-6033 17:30~1:00(LO 0:00) 火曜定休 

2005/11/15


|

« 喜邑 (寿司) 玉川 | トップページ | すしひふみ (寿司) 太子堂 »

コメント

> ・・・ついつい同じ並びにある「おわん」に行ってしまいます

Mr.おまえださん、「おわん」ってやっぱり美味しいんですね。
このあいだ、イブローニュの帰りに覗いたら、満席でした。とても気になります。
あの場所にあんなに客を呼べる料理人は、只者ではない。
今度、是非行きます。

投稿: kuri | 2005.11.21 20:49

実は、ここのお店は一度行ってみたかったのですが、ついつい同じ並びにある「おわん」に行ってしまいます。そこのお店はお通しに自家製の豆腐を出します。それがまた美味しいのです。お話によると、そのために、修行されたとか。。。あと、九州の馬刺しが食べられ、これまた美味しいです。芋焼酎とともに。。。
といったところで、ついついこちらに行ってします。今度はこのイブローニュに伺ってみたい次第です。ハイ。

投稿: Mr.おまえだ | 2005.11.21 14:51

> こんな店が家の近くにあったらなあと思うような店だ

そうなんですよ。まさに普段使いのフレンチレストラン。晴れの日のレストランはもちろん大事だけども、人生を豊かに生きるために必要なのは、実はこんな普段着で行けるお店なんですよ。何十年もフレンチレストランを食べ歩いてきてやっとそれが分かった。
だから、このお店に入ったとき、これこそ自分が探していた店だと思ったのです。
私も、自宅からはちょっと遠いんだけど・・・

投稿: kuri | 2005.11.20 12:31

思わず行ってみたくなる店ですねえ。というよりか、正確にいうならば、こんな店が家の近くにあったらなあと思うような店だ。家の近くにあったら絶対に常連になるのに。民度の違いというか、残念ながらわが家の回りには飲食店といえばファミレスくらいしかない・・・

投稿: takitaro | 2005.11.20 10:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38172/7191466

この記事へのトラックバック一覧です: イブローニュ (フレンチ) 代田:

» ブラッスリー イブローニュ [東京グルメの戯言]
先週の後半は風邪を引いていたので、外食がほとんでできず(泣)。   月曜日、池尻の「ブラッスリー イブローニュ 」へ行った。   「イブローニュ」とはフランス語で「酔っ払い」という意味らしく、 気さくに入れるフランス居酒屋というコンセプトらしい。   中に入... [続きを読む]

受信: 2005.11.23 14:57

» IVROGNE (イブローニュ) @池尻 (フレンチ) [東京右往左往]
最近よく評判を聞くのでメモ。 池尻のわき道(246の渋谷からの下りで、三宿の交差 [続きを読む]

受信: 2006.01.23 00:24

» フレンチレストラン アラン・シャペル(神戸) [インテリア設計事典]
昨日、セミナーで神戸に出かけ、約二十年ぶり?に、神戸ポートピアホテルに泊まってきました。写真は、31階のフレンチレストラン アラン・シャペル。 ポートアイランドが見渡せるサロンでは、猫脚(ガブリオレ)が優美なフランス・ロココ調のアームチェアがお出迎え。 ダイニングは、アームがスクロール(渦巻)になった南欧風のダイニングチェア。若草色に赤茶がアクセントのじゅうたんが、洗練されたさわやかな空間に仕上げています。 キャビネットやドア・モールディングの塗装は、フランスか... [続きを読む]

受信: 2006.02.17 17:43

« 喜邑 (寿司) 玉川 | トップページ | すしひふみ (寿司) 太子堂 »