ショコラティエ ミキ (チョコレート) 烏山

003 甘いものは大好きだが、とりわけチョコレートは大好物である。昔良く通ったフレンチレストランで、素晴らしい食事が終わり、デザートの後に出されるエスプレッソにボンボンショコラが添えられていた。満腹でもう何も入らないという状態でも、そのボンボンショコラは口の中でトロリと溶け、忘れられないおいしさだった。味だけでなく、鼻腔をめぐるカカオの香りが、心地よい安堵感に誘ってくれた。

 最近は、ゴディバなど海外の有名チョコレート店がデパートに入り、ジャン・ポールエヴァンやピエール・エルメ等のこだわりのショコラ・ブティックが青山や六本木に店を出すようになった。パリから空輸された最高級のチョコレートを食べだしてしまうと、今まで食べていたチョコレートとは明らかに違う食べ物だと気づくことになる。これはある意味悲劇の始まりかも知れない。

002 美味しくて、繊細で、完成度が高く、値段も適正で、そして真面目にショコラを作っていると言う女性シェフの店が、烏山に出来たと聞いて、すぐに買いに行った。
 京王線千歳烏山駅の北側の旧甲州街道から少し入った場所で、古いマンションの1階奥に小さな小さな店を出している。何人か入れば一杯になってしまう店だが、本当に素晴らしいボンボンショコラを一つひとつ手作りで作っている。
最高のボンボンショコラを作るのは、材料へのこだわりが必要だ。店のHPによれば、「ショコラティエ・ミキのチョコレートは、全てフランス産の最良質のクーベルチュールを使用しています。その理由の第一は、カカオ本来の豊潤な香りと味わいを大切にしたいからです。第二は、この中には、カカオバター以外の植物油脂は、一切入っていない為、繊細な口溶けが楽しめるからです。使用しているクーベールチュールの原料となるカカオ豆の産地は、主にベネズエラ・エクアドル・トリニダット島・ガーナ・インドネシアなどです。ショコラティエ・ミキでは、これらの産地ごとに特色あるショコラを更にオリジナルな技術でブレンドし、ひと口のボンボンショコラに仕上げていきます」とある。材料へのこだわりは半端ではない。

 最近マスコミに取り上げられることが多く、テレビ放送などもあったためか、お客が殺到して若干混乱状態のようだ。先日も土曜日の開店直前は5~6人の行列が出来ていた。しかし真面目な仕事を続けていれば、混乱も収まり、お店も安定すると思う。
 この素晴らしい店から、宮原美樹シェフが今後も素晴らしいショコラを作り続けてくれることを期待する。

Tel 3300-1277 南烏山4-9-11第2アベニューハウス001号  地図
平日11:00~19:00 土曜日12:00~17:00 日曜日・祝日定休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プレリアル成城 (ケーキ) 成城

Prairial01 成城には、40年以上の歴史がある洋菓子の老舗「成城アルプス」がある。成城のマダム達が求めるクラッシク系のケーキが中心で、老舗の存在感と安心感のあるケーキである。
 しかしシェフパティシエを務める太田氏は、フランス修行も長く数々のコンクールでも優秀な成績を収める素晴らしいパティシェであり、現代的なケーキの造詣も深い。そこで新たなケーキを提供する場としてプレリアル成城が2003年にオープンした。
 プレリアル成城は、軽く上品な現代的ケーキを提供してくれる。やわらかく甘さも控えめで、素材を感じる小振りなケーキである。 Prairial02 

 クラッシクなケーキがよいか、現代的なケーキが良いかは好みだが、私は両方とも好きなので、その日の気分でアルプスに行くかプレリアルに行くか決める。どちらの店もけしてお客を裏切らない。
 プレリアル成城は、成城学園前駅南側100mぐらい行った中華料理のマダムチャンの前にある。白を基調とした店作りで、清潔感のあるかわいい店作りをしている。
 大きな店でないが、ケーキだけでなくブリオッシュやパイ、焼き菓子なども扱っている。どれも大変高いレベルでだ。半分が喫茶になっていて、お茶とケーキが楽しめる。
Prairial03
 品の良い初老のマダムたちが、いつも楽しそうにケーキを食べている。実に楽しそうに。

成城2-25-9 5727-3329 9:30~19:30 月曜定休(祭日の場合は営業)

地図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラウラ (ケーキ) 世田谷

2011年8月30日 店舗移転のため閉店

---------------------------------------------------

 ケーキ業界ではスター的存在の桜井修一シェフパティシィエのお店。2003年7月にオープンしてから、立地条件が悪いにもかかわらず大盛況である。区外からこの店を目指してお客さんが押し寄せるのだろう。紹介するホームページでは渋谷駅からの行き方を紹介しているものも多い。

 品ぞろいは幅広く、20種類以上のケーキのほか、数多くの焼き菓子、ブリオシュやクロワッサンなどもある。店の雰囲気は上品で、店員さんの接客もすばらしく、ケーキを買っただけでなんとも心豊かになれる。

 フラウラはギリシャ語でイチゴの意味。

電話    5451-0015
所在地  世田谷区世田谷1丁目14-17営業時間 10:00 ~20:00
定休日   水曜日

fula011.jpg fula021.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーボンヴュータン (ケーキ) 尾山台

ケーキ好きなら絶対に知っている店。そのレベルの高さは見上げる城壁のようだ!(よくわからない表現)

大井町線尾山台の駅を降りて、環八方面に進むこと5分で、このケーキの殿堂に到着する。見事に並べられたショーケースのケーキたちを見ると、思わずため息が出る。

しっかりと自己主張するケーキが特徴。作り手のこだわりが伝わってくる。

電話    3703-8428
所在地  世田谷区等々力2丁目1-14営業時間 9:00 ~18:30
定休日   水曜日

aubonvieuxtemps.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヴォアラ (ケーキ) 桜丘

このお店は、ほっとするお店。世田谷通りを通っていると、つい寄って入りたくなる店。
ここの焼き菓子が好きだ。
 
焼き菓子には、それぞれ世田谷の地名がつけられていてなかなかしゃれている。焼き菓子の詰め合わせ「世田谷賛歌」はよくお土産に持っていて喜ばれる。

電話    3706-6662
所在地  世田谷区桜丘3丁目27-4
営業時間 9:00 ~21:00
定休日   なし   

voia.jpg voila2.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラチノ (ケーキ) 桜新町

イタリアンケーキの店。上町の代官屋敷の向えに姉妹店がある。
 
クリームの使い方がうまい。飽きない。栗のズコットを見るとよだれが出てきてしまう。
ガーゼに包まれたムースタイプのチーズケーキ「アンジュ」は最高。

電話    3426-3451
所在地  世田谷区新町2丁目35-16営業時間 9:00 ~20:00
定休日   なし
料金    

plantino2.jpg plantino1.jpg


| | コメント (2) | トラックバック (0)

ル パティシェタカギ (ケーキ) 深沢

世田谷には評判のケーキ屋は多い。
たとえばフレンチ系なら尾山台のオーボンピュータン、イタリア系なら桜新町のプラチノ、ドイツ系なら梅ヶ丘のシーゲス・クランツと、古くから立派な看板が揃っている。
あと、桜丘のヴォアラのように、焼き菓子が最高においしいだけでなく、世田谷の地名をお菓子につけるという洒落た技を見せてくれる名店もある。

でも、やっぱり最近開店の人気店を押さえておかなければと、深沢のル パティシェタカギに行ってみて驚いた。店内が黒山の人だかりなのだ。砂糖に蟻が群がっているみたい。
交差点内にもかかわらず、無理に店の前に車を止め、店に入ってまたびっくり。

ケーキがほとんどない!

3種類のケーキが8個ずつぐらいあるだけで、全部2個ずつ買って店を飛び出してきたが、20人ぐらいいた客に対し、売り物があまりに少なすぎる。一体どうなっているのだ?
みんな売れちゃったんだろうか?

道を挟んで向こう側には、パティストリー ナオキがあり、ここもすごい人だった。
深沢不動交差点一帯のケーキ事情を 今度じっくり調べなくてはいけなくなってきた。

takagi_shop.jpg

| | コメント (6) | トラックバック (0)