たかはし (焼鳥) 世田谷以外(五反田)

 平成17年11月1日、五反田に1件の焼鳥のお店がオープンした。ぎたろう軍鶏(シャモ)炭火焼「たかはし」である。「たかはし」のご主人は、今や伝説のフレンチレストランとなった世田谷駒沢の「ラ・プリムール」のシェフだった高橋祐二氏である。
takahasi01
 80年代から90年代にかけて、街場のフレンチレストランが一気に元気になった。フランスの名だたる店で修行を積んだ料理人達が続々と帰国し、一方右肩上がりで景気がよくなる日本経済は、投資家がレストランへ投資する資金も、また頻繁にレストランへ通うお客の財布もともに潤沢に増やしていった。この環境下で、特に東京では、本場フランスにも引けをとらない素晴らしいフレンチレストランが続々と立ち上がり、毎夜毎夜楽しい宴が繰り広げられることになる。
 こんな中で、私もフレンチ料理の食べ歩きを始め、青山や六本木のお店廻りをはじめた。しかし、ある日世田谷駒沢のラ・プリムールで高橋シェフの料理を食べてから、考えを変え食べ歩きはやめて、このお店にどっかりと腰を落ち着けることになる。毎週通って食べたお皿は500皿以上。30代の10年間、このお店との幸せな日々が続くことになる。
 前置きが長くなったが、とにかく高橋シェフの作る料理は信じられないくらいうまい。卓越した技術を持った類まれな料理人である。

 で、その方が、焼鳥を目の前で焼いてくれる訳である。これは、こたえられない。

takahasi02
 信州伊那谷のぎたろう軍鶏を使って絶妙の火の通しで供される焼鳥は、本当にうまい。特にお勧めは、レバーだ。こんなにふくよかで香りの良いレバーを食べたことはない。あと、ミデアムレアに火の通った、ワサビがついたささみも絶品。それから椎茸やナスなどの野菜もジューシーで、塩加減もぴったり、野菜のうまさをつくづく感じる。これからの季節の旬の野菜が楽しみである。チーズが好きな方にはラクレットの串焼きもお勧め。

 焼鳥以外では、レバーのテリーヌが一押し。フルーツトマトも美味しい。 最後は、親子丼で締めたい。鳥をあらかじめ炭火であぶってから使っているので、香ばしくて最高にうまい。

 お酒であるが、まず日本酒や焼酎については、レベルの高い物が厳選して置かれている。また、ワインもそこらのフレンチレストラン以上の品揃えがあり、シャンパンも充実している。シェリー、パスティス、カルバドス、バール等という変化球も揃っている。このあたりは、高級なフレンチレストラン並である。酒がうまいので、お客は、ついつい量が進んでしまう。私自身もうまくて飲みすぎ、帰途大変な状態になったことがある。注意願いたい。

 お店は、完全禁煙。焼鳥のいい香りしかしない。

品川区西五反田1-7-1リビオ五反田プラグマGタワー2F 地図 
5436-9677  11:30-13:30 17:00-22:30(LO) 但し、夜は17:00-20:00 と 20:15-23:00の2交代制 
日曜、1・3月曜定休 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

東京麺通団 (うどん) 新宿

讃岐うどんブームである。
東京にも讃岐うどん屋がたくさんできたが、新宿に「東京麺通団」という気になる店ができたので食べに行ってきた。

めちゃくちゃ面白い店である。
入り口に「店内での動き方」の解説があって初心者(?)でも迷わないようになっている。

すぐ入ったところで、うどんを注文すると、どんぶりをお盆にのせてくれるので、それをもって、天麩羅やおにぎりをすきにとって、会計をする。
ただし、「あつかけ」の場合は、会計のよこの、蛇口みたいなのをひねって、自分でうどん汁を注がなくてはならない。

小と大(小×2)があって、「あつかけ」「ひやかけ」などの基本形で小1杯290円大1杯390円。天麩羅類が100円~150円と言ったところ。

「ひやかけ」と「かまたま」を食べたけど(おいおい2杯も食ったのか・・・)ウマかった。大満足。
「ひやかけ」は冷たいうどんに冷たい汁で夏の基本系、「かまたま」は熱いうどんにとき生卵がけで汁なし。「かまたま」は半分まで食べて、途中席を立って、汁の蛇口のとこに行って汁をかけて食べてみた。これもまた良かった。

讃岐から麺打ち人を3人連れてきてるけど、その人の体調や気分で毎日微妙に麺が違うよ、と宣言している。
四国の珍しい酒も置いていて、夜は、おでんをつつきながら1杯飲めそう。
香川のうどん好きのおじさんたちが立ち上げた「麺通団」の発展系のようだが、しゃれがきいてて、なかなか楽しい店である。


場所は、新宿大ガード横の交差点を小滝橋方面へ数分行くと、マックがある信号があるので、マックと反対側にわたり、斜めにはいる道の右側の方を少し行って左側。
新宿区西新宿7-9-15 朝10~深夜2時 年中無休

mentuu02.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いせや (居酒屋) 吉祥寺

久しぶりに吉祥寺に行った。懐かしかった。
昔国分寺や東伏見に住んでいたことがあり、そのころ近場の繁華街は吉祥寺だった。

変わったところも多いけど、昔と変わらないところも多い。
代表は「いせや
あの古めかしい建物全体が焼鳥を焼く煙の向こうにかすんで見えるのは昔と同じだ。

1階の道路沿いは、相変わらず立ち飲みのおじさんで一杯。良い雰囲気なんだよなこれが。1階が込んでたので、2階の座敷(というほどでもないが)に上がって、1本80円の焼鳥を肴に、焼酎の炭酸わりを飲んだ。

・・・・幸せだった。

レバーがうまい、ハツがうまい、皮がうまい。
煮込みも、ジャンボシューマイもうまかった。

こう言う店は絶対永遠に続いて欲しい。
いせやは永遠に不滅です!!!!!!

武蔵野市御殿山1-2-1 0422-47-1008

iseyanie.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天茂 (天麩羅) 港区赤坂

時々無性に食べたくなって、そう思ったらどうにも止まらず、電車に乗って食べに行ってしまうものがある。
赤坂「天茂」のかき揚丼である。

「区内でご飯を食べましょう」運動をしている管理人として、港区の店をこのページで取り上げるのは申し訳ないのだが、ひとりごとだから許して欲しい。

この店TBSのそばの小さなビルの2階にある目立たない店なのだけれど、ここのかき揚丼は、はまる。
分厚いかき揚を沸騰したたれの中に浸し、ジューと音がしたところを固めのご飯の上にのせ、ゆずのかけらをひとつ置く。・・・・これはうまいぞ。
ちょっとひつこいぐらい甘辛いたれなのに、飽きない。普通に食べれば明らかに硬すぎるご飯なのに、かき揚と一緒に口に入ると、ちょうどいい。

昼のみかき揚丼をやっているのだが、近くのサラリーマンやOLが押しかけてきて、20席ちょっとのお店は、12時を待たずに一杯になってします。
かき揚なので、1度に多くても2つずつ作る。必然的に待つ。でも、揚げてる主人の手元を見て待っているのも楽しい。

先代のときから昼は超満員だった。でも、先代が倒れ英語の先生をやっていた娘さんが次の主人になった時は、かなり不安だった。お客も少なくなったと思う。
でも、メキメキ腕を上げ、先代と遜色のないかき揚を供するようになってお客も前のように戻ってきた。(ほんとにお客は正直だ!)

昼は、天丼とかき揚丼があるが、2対8ぐらいでかき揚を食べる。だって、ほんとに小柱と海老のかき揚はおいしいんだもの。
是非皆さん、赤坂に行ったらかき揚丼を食べてください。赤だしも忘れずに。
 
tenshige.jpg

港区赤坂3-6-10 第3セイコービル 2F 3584-3746
11:30-14:00(LO)、18:30-20:30(LO)  土・日曜、祝日定休

追記 2007/4/21
 先日、始めて夜予約をして天麩羅のコースを食べた。
 昼と違って夜は大変落ち着いた雰囲気で、ご主人ともゆっくりお話をさせていただきながら、美味しい天麩羅を食べさせていただいた。
 海老に始まり、キス、アスパラ、タラの芽、穴子などなど、素晴らしい天麩羅であった。最後に天茶か小かきあげ丼が選べるが、躊躇なくかきあげ丼を選んだ。

 同じお店、同じご主人が揚げているが、昼と夜とは別の店。どちらも素晴らしい。


| | コメント (2) | トラックバック (0)